急なお金の出費で生活費が苦しいなどお金が必要だといった場合、銀行や消費者金融などから借入をするのがほとんどです。
しかし中には、
「審査に通らず融資を受けられない」
「どこも貸してもらえないので、ブラックでも借入ができるところを探している」
といった方もいます。

金貸し業者がすべて安心・安全というわけではありません。

中には、お金を貸すといって詐欺を働く悪徳業者もいます。

そこで今回は、安全にお金の借入ができる金貸しについてお話しましょう。

おすすめ金貸しベスト4や、安全な金貸しの判断基準、そして取り立てのルールなど詳しくご紹介します。

これを読めば、安全な業者かどうか自分で見分ける力をつけることもできますので、ぜひ読み進めてくださいね。

街には闇金のチラシや、甘い勧誘があふれている

闇金

お金を借りたいという方の多くは、今すぐに借りたいという方が多いです。

しかし、即日融資を大きく主張しているチラシや雑誌の裏、ティッシュの中に入っている広告を見ても、信用していいのか不安に感じ踏み出せないといった方もいますよね。

実際に騙されてしまう方の多くが、こういったチラシや、闇金の手口によって、人生を台無しにされています。

そういった方に向けて

  • 即日融資が可能
  • 国に認められている貸金業者
  • 全国で利用できるので利便性が高い

に注目して即日融資対応の安心な金貸しを4つご紹介します。

即日融資にも対応の安全な金貸しベスト4

金貸しベスト4

大手の金貸しには、広告で便利に借りられることの周知や、多くの人に貸し付けてきた歴史や実績があります。

昔とは違い、信頼を積み重ねるために安全な金貸しへと完全に移行したと言えます。

詳しく見ていきましょう。

プロミス

消費者金融のプロミス

分類 消費者金融カードローン
年率 4.5~17.8%
申込条件 安定した収入があること
審査時間 10秒簡易審査
利用限度額 800万円
無利息期間 30日間(初回の方のみ)
遅延利率 20.0%(実質年率)
即日融資 可能
返済方式 残高スライド元利定額返済方式

三井住友フィナンシャルグループの子会社であるSMBCコンシューマーファイナンスが提供するカードローンが、プロミスになります。

24時間WEBで申し込みができ、最短1時間程度で融資も可能です。

郵便物もないため、家族などに知られる心配はありません。

金利も最高17.8%と他社よりも低いのが特徴といえます。

少しでも金利を節約したいという方に最適な借入先です。

アコム

消費者金融のアコム

分類 消費者金融カードローン
年率 3.0%~18.0%
申込条件 安定した収入があること
審査時間 最短30分
利用限度額 1~800万円
無利息期間 30日間無利息
遅延利率 20.0%(実質年率)
即日融資 可能※
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式

アコムは、三菱UFJフィナンシャルグループのアコム㈱が提供する消費者金融のカードローンです。

最短30分で審査が完了し、最短1時間で借り入れすることができます。

自動契約機(むじんくん)で契約することもでき、審査に通ればその場でカードの発行も可能です。

また、融資額が800万円(審査によって確定)までと、比較的高額になっていることも特徴になります。

3秒診断もあるので、収入など審査に不安を感じている方におすすめです。

アイフル

消費者金融のアイフル

分類 消費者金融カードローン
年率 3.0%~18.0%
申込条件 20歳以上の安定収入がある方
審査時間 最短30分
利用限度額 最高800万円
無利息期間 30日間無利息
即日融資 可能(申し込みから借り入れまで最短1時間)
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

アイフルは、クレジットカードであるライフカード㈱を子会社に持つ、アイフルグループが提供するカードローンです。

通常のフリーローンに加え、おまとめMAXやかりかえMAXといった、既に他社での借入がある方に向けた商品も展開しています。


アイフルは独自の審査基準
を設けていて、他社で審査に通らなかった方でも通ったという口コミも多数あるため、既に審査に通らなかった経験がある方は、一考してみてはいかがでしょうか。

SMBCモビット

分類 消費者金融カードローン
年率 3.0%~18.0%
申込条件 安定した収入があること
審査時間 10秒簡易審査
利用限度額 800万円
無利息期間 なし
遅延利率 20.0%(実質年率)
即日融資 可能
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式

SMBCモビットは、三井住友グループが提供するカードローンです。

2年連続でノンバンクのカードローン顧客満足度1位を獲得するなど、人気を集めています。

また、スマホアプリで近くのセブンイレブンのATMからキャシングが可能など、借入に手間がかからないというメリットもあります。

しかし、即日融資が可能なものの、他社に比べ審査時間が9:00~21:00までと対応時間が決まっているのは多少不便を感じてしまいますね。

SMBCモビットは、比較的時間に余裕がある方やカードレスで借入・返済をしたいといった方に最適なカードローンになります。

安全な金貸しと危険な金貸し

安全な金貸しと危険な金貸し

借入をする場合、本当に信用して大丈夫な業者かどうが、不安に思う方も多いです。

「法外な金利を請求されないか」
「激しい取り立てがないか」
など気になりますよね。

ここでは、安全な金貸しと危険な金貸しの見分け方についてご紹介します。

危険な金貸しは、私たちが気づかないほど言葉巧みに誘うのが得意です。

両者にどのような違いがあるのか見ていきましょう。

安全な金貸し

安全な金貸しなのかを判断する基準の前に、私たちがお金を借りる先として以下の3つが一般的です。

  • 銀行
  • 大手消費者金融
  • 中小消費者金融

それぞれがどのような特徴があるのか、詳しくご紹介します。

銀行

銀行からフリーローンや目的別ローンなど、個人的に融資を受けることが可能です。

しかし、銀行は消費者金融とは違い貸金業者ではありません。

そのため、貸金業法は適用されないのです。

銀行は銀行法というものが適用され、貸金業法の総量規制の対象外になります。

また、金利も消費者金融に比べて低いため、余計な利息を支払う必要がないことから借入の時には検討する方も多いです。

しかし、金利が低い分、審査が厳しい傾向にあり、審査に不安を感じている方には向かないという難点もあります。

大手消費者金融

大手の消費者金融は、銀行の傘下になっている業者が多くあります。

プロミスやアコムなどがそうですね。

そのため、サービスの安定や機能の充実さ、そして利便性は銀行からの借入よりも上回ります。

そして銀行よりも審査が甘い傾向にあるため、気軽に利用する方も多いのが特徴です。

大手金貸しから即日融資してもらう方法を解説!時間を無駄にしないための4つの注意点も紹介!

しかし、やはり銀行の傘下といっても、審査が甘い分金利は高めの傾向があります。

大手消費者金融は、知名度や信用性が高く安心して利用できるのが魅力のひとつでしょう。

中小消費者金融

中小消費者金融は、大手消費者金融よりも審査に甘い傾向があり、大手では通らなかった審査でも中小消費者金融であれば借入ができたという方もいます。

ただ、CMなどを行っているケースは少なく、知名度も低いため不信に思う方も多いです。
一部の方には「闇金では?」と疑われてしまうことがあります。

しかし、きちんと金融庁へ業者登録をしている貸金業者であれば、問題はないでしょう。

中小消費者金融は地域密着型の貸金業者です。

ブラックOK!安全な中小消費者金融の特徴や利用時の注意点を紹介!

WEB完結や、自動契約機などで契約・借入ができてしまう大手消費者金融に比べて、対面や振込などでの借入を行っている業者が多いのが特徴になります。

安全な金貸しの判断基準

貸金業者の中には、残念ながら悪質な業者も多いのです。

そこで、安全な金貸しの判断基準としては以下の3つが重要になります。

  • 法廷金利を超えていない
  • 審査をきちんと行う
  • 貸金業協会に登録している

借入を申し込む前に必ず確認するようにしましょう。

法廷金利を超えていない

金貸しの金利は貸金業法で決められています。

借入金額 上限金利
10万円以下 20%
10~100万円未満 18%
100万円以上 15%

そもそも、この上限金利以上の金利を求める業者であれば、すでに法律違反をしているので、良質な業者だとはいえません。

審査をきちんと行っている

チラシなど広告に「審査不要!」と載せている業者もいますが、基本的に審査をしない業者は正規の業者ではありません。

本当に審査をしないのであれば、それは違法業者の可能性が高いので、関わらないようにしましょう。

貸金業協会に登録している

金貸しを生業とするためには、財務局や都道府県知事の登録を受ける必要があります。

登録をすると登録番号がもらえ、公式サイトの末尾に掲示されている場合が多いです。

ただし、悪徳業者の中には架空の登録番号を掲げているケースもあります。

そうした業者に引っかからないように、金融庁の公式ページにある「登録貸金業者情報検索サービス」利用して、登録番号が正しいかチェックしましょう。

危険な金貸し

危険な金貸しの特徴には以下の3つがあります。

  • ブラックOK
  • 買取屋
  • 個人間融資

借入を検討したときに、3つが当てはまらないかどうか確認をしましょう。

ひとつでもあってはまったら注意が必要です。

それぞれについてご紹介します。

ブラックOK

「ブラックOK」という文言は、「お金に困っているけれど、審査に通らなくて借入ができない」といった方には、救いの手に見えるでしょう。

ブラックは延滞や多額の借入、そして債務整理などによって、審査に通らない状況をいいます。

ブラック扱いになってしまうと、一般的な貸金業者で借入をするのは難しいです。

そのためブラックでも融資するといわれると、つい誘いにのってしまう方も多くいます。

しかし、基本的にブラックに融資するといった業者は、ヤミ金などのケースが多く、実際に審査などを行っておらず法外な金利を求めてくるケースも少なくありません。

ブラックOKの金貸しは闇金!危険な金貸しと中小消費者金融の見分け方や、正しく利用する際の3つのポイントを紹介!

気がついたときには遅く、膨れ上がる借金に首が回らなくなっていることもあるのです。

ブラックでも借入OK!などといった甘い言葉には乗らないようにしましょう。

買取屋

買取屋とは、多重債務者などにクレジットカードで高額な商品などを大量に購入させて、それらを買い取って債務者に現金を渡し、買い取った商品は別のリサイクルショップなどへ売ることで利益を得る業者を言います。

今問題視されている「ショッピング枠の現金化」です。

当然買取屋は、自分の利益も考えて商品を買い取るので、実際に10万円の商品であってもその半額程度で買い取られるケースも多くあります。

5万円が現金として手元にのこりますが、後日クレジットカード会社から請求されるのは10万円です。

実質高い金利で借入しているのと同じなのです。

すぐに現金化してもらえるので、本当にお金に困っている方には誘惑が強いですが、実はクレジットカードで購入した商品の所有権は、支払いが完了するまでカード会社にあります。

悪質な商品の現金化は、買取屋の「詐欺共犯者」とみなされることもあるので、注意しましょう。

個人間融資

ネットのサイトなどを通じて、見知らぬ人からお金を借りる個人間融資があります。

専用掲示板も存在し、一見お金を貸したい人が借りたい人にお金を貸すというシンプルな構造なため、「当人がいいのであれば問題ないのでは?」と思う方も多いです。

得に、本当にお金に困っていて手立てがないといった方に注目を集めています。

しかし、そうした個人間融資専用掲示板の多くは、ヤミ金や詐欺業者である可能性が高いので大変危険です。

個人の金貸し掲示板は危険!詐欺の確率が高いので注意して!

個人間融資を利用するケースのほとんどが、通常の借り方では融資を受けられない方になります。

個人間融資でも、身分証明書や口座番号など個人情報を相手に知らせます。

最悪のケースではそれらを利用して別の犯罪に巻き込まれたり、そもそも融資自体を受けることができないといったことも多くあります。

個人間融資は大変リスクの高い融資方法です。

急な出費でも大丈夫!金貸しで即日融資を受ける方法

即日融資を受ける

急にお金が必要だという緊急の場合も、安心・安全に融資を受ける方法があります。

ここでは、大手消費者金融を例に即日融資を受ける方法についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

金貸しを利用する流れ(おすすめは大手消費者金融)

まずは、借入をする方法から確認しましょう。

大手消費者金融では、WEBから申し込み融資を受ける流れが多く利用されています。

主な流れとしては、

  1. WEB申し込み
  2. 審査
  3. 契約
  4. 融資

といった4ステップで完了するケースがほとんどになり、それぞれのステップについて詳しくご紹介しするので参考にしてくださいね。

WEB申し込み

WEB申し込みでは、スマホやPCなどネット環境であれば対応している消費者金融が多くあります。

方法は簡単で公式サイトより、必要事項を入力し送信するだけです。

そして、必要書類として運転免許証など顔つき身分証明書や、借入したい金額によって収入を証明する書類が必要になります。

それらもすべて、スマホや写真を転送できる状況であれば、その場で写真を転送して申し込みが完了です。

必要書類については、申し込み先によって異なるので事前に確認しましょう。

審査

申し込みが完了すると、次は審査です。

審査では、主に以下の3つを確認します。

  • 個人信用情報の確認
  • 在籍確認
  • 申し込み内容の確認

個人信用情報とは、今までのクレジットやキャッシングなどの利用履歴に問題がないかどうか、総量規制に問題がないかどうか確認します。

個人信用情報に問題があると、借入は難しく審査に通らない可能性が高いです。

また、在籍確認では勤め先に間違いがないか、申告された勤め先に連絡をして確認します。

個人名で電話をすることが多く、同僚などに知られる心配はありません。

また、席を外している場合でも、勤めていることがわかれば問題はないので安心してください。

大手消費者金融では、審査にかかる時間は30分から1時間程度とされています。

しかし、審査内容に問題があると時間がかかるケースもあるので、早めに申し込むといいでしょう。

契約

無事審査に通過すると、次は契約です。

審査通過の連絡(電話もしくはメール)を受け取ると、契約方法を選択します。

契約方法としては、

  • WEB完結型
  • 契約機を利用

の2つが主な方法になります。

WEB完結型であれば、契約もすべてWEB上で終わり借入が可能です。

また契約機であれば、その場でカードの受け取りもできます。

消費者金融の中には、スマホのみで契約から借入までできる会社もあるので、自分に合った方法で契約を済ませましょう。

融資

契約が完了すると、いよいよ融資になります。

融資を受ける方法としては、以下の3つです。

  • 口座振り込み
  • 銀行、コンビニATM
  • 専用ATM

事前に口座番号などを登録することで口座振り込みでの融資を受けられます。

また、カードもしくはスマホのアプリを利用して、銀行やコンビニのATMで24時間融資を受けることができる消費者金融もあります。

そして、契約機を利用してカードを発行した場合は、近くに専用ATMがあることがほとんどなので、一番迷わず融資を受けられる方法かも知れませんね。

申し込み方法や融資方法など、細かな点は消費者金融によって違います。

そのため、事前に自分に合った消費者金融を検討しましょう。

怖い取り立てなんてもうない!金貸しが厳守する8つの取り立てルール

8つのルール

「消費者金融でお金を借りると、取り立が怖いのでは?」
「取り立ては近隣住民にも迷惑をかけそう」
と、取り立てと聞くといいイメージを持っていないという方は多いですよね。

しかし実は、きちんとした金貸しは取り立てをするときに、守らなくてはいけない8つのルールがあるんです。

  • 取り立て時間
  • 威迫するような態度や言動
  • 電話の回数や訪問
  • 勤務先への訪問
  • プライバシー情報の公開
  • 支払い義務のない人への取り立て
  • 債務整理を行った人への取り立て
  • 他の業者を通して借金を返させる

それぞれの取り立て方法についてご紹介します。

これらのルールは貸金業規制法で守られている法律なので、もし違反している場合は、金貸し業者に罰則があるので安心してください。

金貸しのルールは消費者を守るためにある!違法な金貸しの逸脱したルールも併せて紹介!

もしルールを破って取り立てられたときは、迷わず警察に相談しましょう!

取り立て時間

基本的なルールとして、取り立て時間は決められています。

債務者(保証人も含む)に午後9時から午前8時まで、電話やFAX、自宅訪問などといった取り立てを行ってはいけません。

午前8時から午後9時までの間のみ、許されています。

ただし、債務者に全く連絡が取れないなどといった正当な理由がある場合は、認められるケースもあるので、連絡は取るようにしましょう。

威迫するような態度や言動

身の危険を感じたり、「子供がどうなるかわからないよ」「生命保険に入って死んで払え」など、威迫するような態度や言動は固く禁じられています。

また、暴力的な態度・言動も禁止されています。

威迫・脅迫と思う言葉を言われた場合は、迷いなく警察へ相談しましょう。

電話の回数や訪問

ずっと電話が鳴り続ける、執拗な訪問など精神に支障をきたすような取り立てはルール違反です。

また、大人数での訪問に恐怖を感じる方も多いです。

しかし、大人数での訪問は禁止しているものの、電話での取り立ての制限はありません。

そのため、電話での取り立ては時間内に1日3回まで、訪問は最大2名など自社ルールを設けている金貸し業者も多くあります。

勤務先への訪問

勤務先もしくは、自宅以外への訪問や電話連絡などをして、周囲に借入の事実を知らせるような行為は禁止されています。

業務妨害や営業妨害などの法律に反する行為に当たる可能性があるからです。

しかし、債務者と連絡が取れない場合は、勤務先への電話連絡は認められています。

この場合も、借金があることなどは伏せなくてはいけないため、周囲に知られる心配はありません。

プライバシー情報の公開

借金は債務者のプライバシーです。

返済が滞っていたとしても、周囲にプライバシーを公開するようなことは禁止されています。

ドラマなどにある「金返せ」などといった張り紙や、立て看板、落書きなどといったことはもってのほかです。

家族や親戚などの支払い義務のない人への取り立て

保証人にもなってない、家族や親戚、友人などへ債務者に代わって返済するよう迫るのも禁止されています。

もし子供が借金をした場合、「息子の借金を返せ!」といわれてしまうと、責任を感じて何も言えなくなってしまう方も多いです。

しかし、返済義務がない人に返済を迫ることは禁止されている行為になります。

すぐに警察に連絡をしましょう。

債務整理を行った人への取り立て

任意整理や自己破産など、債務整理を行った(手続きをした)本人への取り立てはできません。

弁護士を通して手続きをすると、取り立てはすべて弁護士を通す必要があります。

悪徳な業者の中には、債務整理を辞めるよう促すケースもありますが、応じる必要はないため弁護士などに相談後、手続きを続けましょう。

他の業者を通して借金を返させる

お金がないなら、他社で借りて返済するよう取りたてるケースもあります。

しかしこれも違法行為でありルール違反です。

他での借入要求し返済するよう要求することは禁じられているので、応じる必要はありません。

まとめ

今回は、安全・安心な健全の金貸しの見分け方や、おすすめの金貸し4選、そして取り立てのルールについて詳しくご紹介しました。

金貸しを利用する上で注目してほしいポイントは、以下の5つになります。

  • 安全な金貸しを利用するため、「登録貸金業者情報検索サービス」で確認してからにする
  • 法定金利を把握しておく
  • 審査不要など甘い言葉が多い広告の金貸しは避ける
  • 安心して借入ができる即日融資可能な貸金業者は大手消費者金融がおすすめ
  • 取り立てルールが守られなかった場合、直ちに弁護士や警察に相談する

間違った業者で借入をすると、大変なことになります。

「安全にお金を借りたい」
「健全な金貸しの判断基準を知りたい」
といった方は、この記事を参考に安全・安心の貸金業者を見分けてくださいね。

更新日:

Copyright© 即日安心金貸しナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.