危険な金貸し

ブラックOKの金貸しは闇金!危険な金貸しと中小消費者金融の見分け方や、正しく利用する際の3つのポイントを紹介!

投稿日:

消費者金融に申し込んでも断られてしまう、お金を借りられない状態の人のことを「ブラック」と言います。

ブラックの人はお金に困っていても、お金が借りられないので大変です。

「ブラックでも借りられる業者はないの?」
「中小の金貸しはブラックOKのところがあるけれど闇金なの?」

と気になっている方もいらっしゃるでしょう。

そこで当記事はブラックOKの金貸しは存在するのか、闇金業者の見極め方、中小金貸しの安全性などについて紹介していきます。

この記事を読めば、危険な闇金業者を避け、ブラックの人でもお金を借りられる可能性が高まるでしょう。

大手消費者金融からお金が借りられない人はぜひ参考にしてください。

ブラックOKの金貸しは闇金業者

闇金業者

結論から言えば「ブラックでもOK」と銘打っている金貸しは基本的に闇金業者で間違いありません。

そもそも「なぜブラックなのか」を考えると、審査によって、借りた金額に対して適切に返済する能力を持ち合わせていないと判断されたからです。

金貸し各社は似たような審査を行っているため、どこか1社から断られれば、他社も同様に審査落ちとなるのが普通。

返済能力がないと判断されるため、当然です。にもかかわらず、闇金業者はブラックの人でもお金を貸します。

ここからはなぜブラックOKの金貸しが危険とされているのか、その理由をみていきましょう。

こんな金貸しには気を付けて!危険な金貸しの特徴

まずは危険な金貸しに共通する、3つのポイントを見ていきましょう。

審査なし、ブラックOK即日融資などのあり得ない記載

金貸しは必ず「審査」を行います。

これは貸金法によって義務付けられており、利用者の返済能力にみあったお金を貸すことが法律で決められているからです。

「審査なしで融資可能」「ブラックOKの即日融資」といったうたい文句は貸金法に違反していることになります。

つまりこの時点で違法業者・闇金業者で確定です。

金利が高すぎる

金貸しは「利息制限法」という法律の範囲内で金利を決定しています。

具体的には次のとおり。

  • 元本が10万円未満の場合:上限は年20%
  • 元本が10万円以上100万円未満の場合:上限は年18%
  • 元本が100万円以上の場合:上限は年15%

しかし闇金業者は利息制限法を超えた金利を設定するケースが大半です。

誰もが耳にしたことがある「トサン、トゴ」は10日で3割、10日で5割のこと。

仮にトサンで1万円を借りると、10日後の返済額は13,333円となります。金利が高すぎますよね。

利息が高くつけばその分だけ返済が苦しくなり、返済のためにまた闇金業者から借金をする…という恐ろしいスパイラルに陥る可能性が出てきます。

電話で勧誘してくる

最近の闇金は電話、メールなどを使い、顔を見せずにやりとりするケースが増えています。

またLINEをはじめとしたSNSでのやりとりも。

危険な金貸しと安全な金貸しの見分け方

危険な金貸しと安全な金貸しを見分けるポイントとして次の2点が挙げられます。

  • 貸金業者登録番号があるか
  • 電話番号や会社の所在地が掲載されているか

各ポイントの詳細を紹介しましょう。

貸金業者登録番号があるかどうか

貸金業者は必ず「貸金業者登録番号」を取得・登録しなくてはなりません。

これが認められなければ違法業者で決まりです。

また、一見すると登録番号に見えるただの数字を羅列しているだけのケースも多いので注意が必要です。

貸金業者登録番号は、金融庁ホームページにある「登録貸金業者情報検索サービス」で調べられます。

「怪しいな」「本当に大丈夫かな?」と思ったら、下記のサイトで貸金業者登録番号を検索してみてください。

登録貸金業者情報検索入力ページ

電話番号や会社の所在地が掲載されているか

貸金業者は電話番号や会社の所在地を明記しなくてはなりません。

これが正しく掲載されていない時点で怪しいと判断してください。

例えば、連絡先は携帯電話の番号だったり、記載されている住所がバーチャルオフィスになっていたり…といったケースも挙げられます。

電話番号や所在地はネットで簡単に調べられるため、申し込む前に一度確認しておいた方が良いでしょう。

ブラックでも貸してくれる金貸しは本当にあるのか?

お金を貸してくれるのか?

闇金業者や違法業者ならブラックでもお金を貸すところはあるでしょう。

しかしこれらに手を出すべきではありません。

そこで有力なのが「中小金貸し」です。

大手金貸しとは異なり、独自の審査を設けている会社が多いため、ブラックでもお金を貸してもらえることがあります。

しかし、あまり名前が知られていないだけに「実は闇金だった」という可能性も。

そこでここからはブラックでもお金が借りられる可能性がある中小金貸しについてみていきましょう。

リスクが高い中小消費者金融の特徴について

上記したように、中小金貸しはブラックでも借り入れできる場合があります。

しかし、中小ならではのリスク・危険性もはらんでいるため注意が必要です。

具体的なリスクの高い中小消費者金融の特徴は次の5点。

  • 知名度がない
  • 返さない場合は強引な取り立てをすると言われる
  • 直接事務所にいかなければいけない
  • 金利が高い
  • 絶対に借りられるわけではない

それでは各特徴の詳細をみてみましょう。

知名度がない

中小金貸し全般に言えることですが、基本的に知名度はありません。

地域密着型で運営しているところがほとんど。

その理由は、テレビやネットなどに広告を出していないので、地域に住んでいる人以外は目に触れる機会が全くないからです。

大手と比べて資金力が低く、当然といえば当然ですね。

「中小金貸しなら借りられるかも!」と期待したところで、見つけられなければ意味がありません。

ちゃんと返さないときは強引な取り立てをする場合がある

貸金業法によって過度な取り立てを行うことが禁じられています。

これに反した場合は最悪、業務停止命令の重いペナルティーを受けることに。

また悪いイメージがつきまとうと、利用者が減ってしまうため、大手消費者金融にとって取り立ては最重要ポイントです。

しかし中小金貸しは業務停止命令を受けるのは困りますが、クリーンなイメージを保つ気がないところがたくさんあります!そのため「ちゃんと返せなければ取り立てるから」と当たり前のように言ってくることも。

無茶な取り立てによるプライバシーの侵害や周囲への迷惑を考慮するとリスクが高いと言わざるを得ません。

直接事務所にいかなければいけない場合がある

大手金貸しのようにネット申込や無人契約機など便利なサービスが提供されているとは限りません。

そのため、電話でアポを取ってから事務所まで直接出向き、そこで話を聞いて契約手続きを行わなくてはならないこともあります。

本当に信用できる会社なのか分からないのに、事務所に出向くのは怖いですよね。

金利が高く限度額が少ない

中小金貸しは大手ほど資金力がないため、小額貸付にしか対応していないことが多いです。

10万円程度が限度額になっていることがほとんどで、高くても50万円といったところ。

また悪質な金貸しになると、法律で決められた上限金利を超えることもあります。
つまり闇金です。

絶対に借りられるわけではない

中小金貸しは独自の審査を行っているケースが珍しくありません。

これが理由で「ブラックでもお金が借りられる可能性がある」というわけです。

しかし、会社ごとで独自の審査を行うものの、100%借りられるとは限りません。

むしろ資金力に余裕がない中小は「ちゃんと返済してもらわないと困る!」と大手並み、あるいは大手以上に厳しい審査を行っていることも。

実際に申し込んで、審査を受けてみないと結果は分かりません。

過度な期待を持たずに「お金を借りられたらラッキー」くらいで申し込むのが良いでしょう。

正しく中小消費者金融を利用する3つのポイント

ここからは安心して中小消費者金融を利用するために覚えておきたい3つのポイントを紹介します。

闇金の可能性を疑い、安全か確認してから利用する

上記したように、中小金貸しは基本的に知名度が低いです。

あまり知られていないことを良いことに、闇金業者が勝手に中小金貸しの名前を使って詐欺行為を働いていることがあり得ます。

貸金業者登録番号を確認できたからといって安心するのではなく、闇金の可能性を疑って、本当に安全なのかを確認してから利用しましょう。

質問されたときは嘘をつかずに正直に話す

利用者にお金を貸して良いか判断するために、質問をする場合があります。

一例として次の3つ。

  • 他社借入は何件で、総額いくらか
  • 年収はどれくらいで、毎月返済できる金額はいくらか
  • 勤続年数

基本的には返済能力に関する、お金にまつわる質問が多いです。

ここで「お金を貸してもらうためにも、嘘をついてでも自分を良く見せる回答をしよう!」と考えてはいけません。

質問された時は嘘をつかずに正直に話し、それで審査に落ちたら仕方が無いと割り切りましょう。

嘘をついてお金を貸してもらえたとしても、返済できなければ、利息や遅延損害金が重なり、困るのは自分自身です。

返済計画を立ててから利用する

ブラックだからといって、延滞や支払いの遅れが当たり前になるのは考えもの。

返済計画を立てて、無理のない返済を実行することが大前提となります。

これは、大手・中小問わず、お金を借りる以上は絶対です。

毎月どれくらいの収入があり、いくらまでなら返済に充てられるのかを計算しましょう。

これを踏まえて、毎月の返済額や利息を含めた総返済額を支払えるかを判断します。

中小消費者金融からお金を借りる方法について、他記事で詳しく解説しています。

利用を検討されている方は、ぜひそちらも併せてチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回はブラックOKの金貸しや、闇金・違法業者の特徴、中小金貸しなどについて紹介しました。
ポイントをおさらいしましょう。

  • 審査なし、ブラックOKの金貸しは闇金
  • 中小金貸しはブラックでも借りられる可能性がある
  • 中小金貸しならではのリスクを理解する

以上3点が本記事の要点となります。

「ブラックだけれどお金を借りたい!」
「闇金以外でもお金を貸してくれるところはない?」

といった方は、この記事を参考にして、ブラックでもお金が借りられる可能性のある中小金貸しを検討してみてくださいね。

-危険な金貸し

Copyright© 即日安心金貸しナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.